• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

~ How many files to Babylon ? ~

バビロンまでは何ファイル?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

猫と初体験

 帰宅時、道を歩いていたらどこかから猫の鳴き声が聞こえた。高い、か細い感じの声で、まだ子猫のようだった。
 立ち止まって辺りを見回すと、何処かの家の玄関から顔を出し、一目散に道路を駆けてきた。駆けてきたと言ってもすぐにまたどこかの家の庭にでも入るのだろうと思っていたが、豈図らんやその猫の目的地はここだった。

 両足の間に、猫がいる。

 見る間に猫は両足の周りを8の字を描いて走り出した。かと思うとジーンズの裾に身体をこすりつけたり、爪を立ててジーンズを登ろうとしたりと何が気に入ったのか離れようとしない。
 危なくて歩けもしないがこのままというわけにもゆかない。ゆっくりと気をつけて歩き出したがさすがに踏むことは無かったものの何回か蹴ってしまった。
 歩き出して一分後くらいだろうか、ようやく猫は離れていった。縄張りを外れたのだろうか。このまま家まで着いて来られたらどうしようかと思った。
 蚤でも移されたらたまらない。玄関から上がる前にフマキラーとファブリーズを丹念にジーンズにスプレーしたが、どれほど効果があったろうか。

 しかし…これほどまでに猫に懐かれたことは無い。いったい何があの猫を惹きつけたたのだろうか。まさか、蕎麦屋の鰹出汁か。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ :    ジャンル : モブログ
  1. 妄想日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

カウンタ

にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ

Twitter

プロフィール

4P

Author:4P
日雇い。
楽なほうに流れて生きています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。