• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

~ How many files to Babylon ? ~

バビロンまでは何ファイル?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

ドラえもんの気になったオチ。

 ドラえもんの道具に「ドジバン」というものがある。貼られた人はやることなすこと失敗ばかりになるという、なんとも迷惑な絆創膏である。
 話のすじはこうだ。主人公二人は人の考えを覗ける道具で手当たり次第に人の思考を盗み見ていた。するとある男が犯罪を考えていることに気がつく。そこで「ドジバン」を貼った上で監視することにした。
 かの男は鞄を引ったくろうとする。ところがその鞄は盗品であり、泥棒ともみ合いになったあげく鞄は本来の持ち主である紳士に返すかっこうになった。
 次に男は少女誘拐を企てる。ターゲットの少女を抱き上げた途端、真後ろに鉄骨が落下。娘を事故から助けたと母親に感謝される。
 男はまだ諦めず、空き巣をしようと留守宅に忍び込むが、その家は火事だった。火事を消し止めたところで家人が帰ってくる。それはかの紳士と少女、母親だった。
 何故家にいたのかと紳士に問われるまま、涙ながらに男は自らの不遇を語る。
「君が本当の悪人とは思えない。よければわしの会社で働かないか」という紳士のセリフを背に主人公達が立ち去るところでこの話は幕を閉じる。

 気になるのはこの男から「ドジバン」が剥がされるシーンが見当たらないことだ。この話はまだ終わっていない…。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 急に思い出した
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

カウンタ

にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ

Twitter

プロフィール

4P

Author:4P
日雇い。
楽なほうに流れて生きています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。