• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

~ How many files to Babylon ? ~

バビロンまでは何ファイル?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

ドローンの憂鬱

 昔からラジコンヘリというものはあったが、ここへ来てドローン。
 安価になったのか、素人でも簡単に飛ばせるようになったのか知らないが、官邸の事件で一気に有名になってしまった。有名と言っても汚名のようなものだが。
 そこでドローンの名誉を回復すべく、なのかせっかく上がった知名度に便乗してなのかは知らないが、一昨日「ドローンソン」というドローンの有効活用を考えるイベントが催されたそうだ。

 そこで当サイトでもドローンの有効活用について考えた。
 が、思いつかない。燃費悪そうだし、運送業への転用は難しいだろう。イベント的に使う他なさそうだ。セレモニーの演出なんかは行けそう。上空から花を届けるとか。
 となるとやはり空撮か。野生動物の観察…はうるさくて逃げられそう。事故現場、災害現場の俯瞰。これくらいか。結局それらも普段使いの用途ではないけれど。
 うるさいというのは結構ネックになりそうだ。ドミノピザのイギリス支店ではドミノコプターというラジコンヘリで配達する試みを行ったと聞くが、隣ん家からでもピザが届いたのがわかりそう。と思ったけど、それはバイクで配達しても一緒か。
 音が気にならず、上下移動が必須で、軽めの物を運ぶ…。
樵の奥さんが枝打ち中の旦那に弁当を届けるとか?ダメだ、やっぱりシチュエーションに無理がある。

 発想を変えれば、シチュエーションを自由に設定できるフィクションの小道具には有用かもしれない。自動操縦できるとこなんかアリバイ作りにうってつけではないか。これからのミステリーではドローンを使うトリックが増えるぞ。たぶん。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モブログ    ジャンル : モブログ
  1. ネットを見て
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

カウンタ

にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ

Twitter

プロフィール

4P

Author:4P
日雇い。
楽なほうに流れて生きています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。