• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

~ How many files to Babylon ? ~

バビロンまでは何ファイル?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

陣羽笛

 Wikipedia でジョジョの作者、荒木飛呂彦のページを見ていたら
高度な技術で過去の作品の引用を行うその作風から荒木をマニエリスムの作家と言い表している
という一文を見つけ、「マニエリスム」ってなんだと気になってリンクをたどった。
 するとそこには
「マンネリズム」は蔑称となった。
という一文があり、さらにリンクとなっていた。

 ここからが本題なのだが、俗に言う「マンネリ」、これが英語のマンネリズム/フランス語のマニエリスムに由来することを今日初めて知った。ような気がする。
 これまでは「万練り」という言葉…日本語だと勝手に思い込んでいたのだ。でも、言われてみれば確かに漢字で書いているのは見たことがなかった。今にして思えばまったく当たり前の話なのだが。
 もう一つ。子供の頃から「モザイク」も日本語だと思っていた。これは「模様」+「細工」で「模細工」。中々の力作だと思う。創作にあたっては何の苦労もしていないけれど。

 こんなことをやっているのは自分だけかと思ったらそうでもなく、インク、というかインキに「印気」という漢字を当てていた例があった。これは国語の教科書で見たので、知っているという人もいるのではないだろうか。

 
(2015-05-24 追記)
 今朝がた「joke」を漢字にしたら冗句だなーと思った。調べたところその当て字は一般に使われているものらしい。すると今朝のあれは自分で思いついたものだったのか、それともどこかで目にしたのを思い出しただけなのか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 日本語
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

カウンタ

にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ

Twitter

プロフィール

4P

Author:4P
日雇い。
楽なほうに流れて生きています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。