• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

~ How many files to Babylon ? ~

バビロンまでは何ファイル?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

「誤解を恐れずに言うと」

 という慣用句がある。この言葉はそのあとに続く発言が誤解を生みそうだな、というかクレームに発展しそうだと思った時に使うものだと理解している。
 要するに、これは「誤解しないでね」というお願いであり「怒らないでね」というお願いである。
 より詳細にくだくだしく書くと「あなたは次の私の発言で怒るかもしれないけど、それは誤解なんです。怒ることはありません」という意味であると解釈できる。できないかな。

 恐れているからこその予防線が「恐れずに言う」ってのも皮肉なもんだと思ったことと、あと「怒った?でもそれ誤解だから。あんた間違ってっから」というのはなんとも傲慢だなと思った次第。
 流石に最後のはひねくれているかね。
 
「誤解を恐れずに言うと」を省くと、あとで「そういう意図で申し上げたのではない」と言わなくてはならなくなるのかしら。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 日本語
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

カウンタ

にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ

Twitter

プロフィール

4P

Author:4P
日雇い。
楽なほうに流れて生きています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。